キャリー・マリガン、1951年のバレンシアガを再現したドレスでアカデミー賞レッドカーペットを魅了!

第96回アカデミー賞授賞式レッドカーペットにおいて、女優のキャリー・マリガンが纏ったカスタムメイドのバレンシアガドレスが、大きな注目を集めました。このドレスは、マリガン自身が主演する映画「マエストロ」の時代背景と、彼女の個性を見事に表現しただけでなく、72年前のオートクチュールデザインを忠実に再現したという点でも特筆すべきものです。

マリガンとバレンシアガ:時代を超えた美の融合

マリガンは、スタイリストのアンドリュー・ムカマルとタッグを組み、レッドカーペット最後の衣装にこだわり抜きました。そして完成したのが、ストラップレスのマーメイドシルエット、ウエストを絞ったデザイン、そして目を引く白いチュールのトレーンが特徴的なドレスです。オールドハリウッドの雰囲気を漂わせながら、洗練されたオペラ丈の黒い手袋とブシュロンのダイヤモンドピアスを合わせることで、上品さをプラスしました。

一見、マリガンの個性を反映した現代的なドレスに見えますが、実はこのドレスは1951年のバレンシアガのアーカイブドレスを再現したものなのです。マリガンはヴォーグ誌のインタビューで、このデザインを選んだ理由について、映画「マエストロ」で演じるキャラクター、フェリシアとレナード・バーンスタイン(ブラッドリー・クーパー演じる)が結婚した年と同じ年に作られたドレスだからだと語っています。

アーカイブドレスへのこだわり:マリガンのファッション哲学

マリガンにとって、このバレンシアガのドレスは「今まで着た中で一番好きなドレス」だと語るほど特別な存在です。しかし、彼女の最近のレッドカーペットでの衣装は、他にもアーカイブドレスの再現作品が目立ちます。

2024年のゴールデン・グローブ賞では、1949/1950年秋冬コレクションのエルザ・スキャパレリのオリジナルデザインからインスピレーションを得たスキャパレリのドレスを着用しました。バレンシアガのドレスと同様にマーメイドシルエットですが、身頃に非対称のドロップジュエルが飾られた華やかなデザインです。

さらに、1ヶ月後の英国アカデミー映画賞(BAFTA)では、1951年秋のオートクチュールラインに登場した「オートリッシュ」ドレスをアレンジしたディオール オートクチュールドレスを纏いました。ベルベットとシルクの素材が織り成すエレガントな雰囲気は、まさに時代を超えた美しさを感じさせます。

これらのアーカイブドレスへのこだわりは、単に過去のデザインを懐かしむだけでなく、ファッションを通して歴史と現代をつなぎ、自身の個性を表現しようとするマリガンの強い意志を感じさせます。

0 thoughts on “キャリー・マリガン、1951年のバレンシアガを再現したドレスでアカデミー賞レッドカーペットを魅了!

  • 韓国の可愛いファッションは、キュートでトレンド感があります。

  • シンプルでスタイリッシュな黒いポロシャツは、カジュアルながらもきちんと感を演出するアイテムです。

  • 子供用の90サイズの服は成長期に適したアイテム。カラフルなデザインがお子様の個性を引き立てます。

  • 紺色のポロシャツは清潔感のあるスタイリングが魅力。きれいめカジュアルなコーディネートにおすすめです。

  • 温かみのあるキルト素材のパンツは、寒い季節のおしゃれを楽しむのに適したアイテムです。

  • 馬のモチーフが描かれたワンピースは、ユニークなデザインでおしゃれなアクセントを加えます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です